○日記

男としてのレベル上げの記録です。

身嗜み

心の老いを感じるこの頃

三十路も半ばにさしかかり、最近、老いを感じるようになってきた。若い女性などに引け目を感じるとういか、おじさんと思われているんだろうなと思うのが一つ。向上心というか、日々の充実感がなくなってきているのが一つ。このままでは、中身も見た目もしょ…

「課長、部長になったらいくらのスーツを着るべきか」

という記事があったので、メモしておきます。課長、部長になったらいくらのスーツを着るべきか:PRESIDENT Online - プレジデント自分が位置する中堅クラスは、まあ、こんなもんかなって思いますが、役員・経営者クラスは、スーツ、靴、シャツともかなり高額…

いま欲しいファッションアイテム

物欲メモ。 リーバイス508か513 リーバイス デニムの品番、種類の見分け方と着こなし | 大人になれる本が参考になった。フィットチャートをみると、自分は股上が深めで細めが好きだから、508か513がよいみたい。形のほかに、デニムのオンスとかで色々種類が…

山屋からみたブランド判定一覧 (ソースは2ch)

最近、年のせいか、アウトドアブランドに魅力を感じる。無理して大人ぶらなくても、十分見た目がおっさんになってきたので、アウトドアブランドを着てても、子供にみられなくなってきた。一方で、やりすぎると、おっさん度が上がりすぎるので気をつけなきゃ…

【NHK BS】ジュエリーの神秘~パリ・グランメゾンの世界~

録画していたものを観た。番組は、知花くららがパリの「グランメゾン」と呼ばれる宝石店を訪問するというもの。グランメゾンとは、パリのヴァンドーム広場に店を構える老舗の格式高い宝石店のことを言うそう。今回、訪問した先は、「メレリオ・ディ・メレー…

『行儀作法の教科書』の感想

行儀作法のABCを勉強しようと思って、手に取ったのが岩波ジュニア新書から出ている本書。「教科書」のタイトル通り、明治末期の行儀作法の教科書のベースとなっている「作法教授要綱」(文部科学省)に基づいて、おじぎの仕方や会話や食事のマナー、そして、…

アレンエドモンズのシューケア用品を買ってみた

アメリカの大統領が就任式の際に代々履いてきたと言われる、アメリカを代表する靴ブランドがAllen Edmondsです。近々、定番のパークアベニューも欲しいなと思っているんですが、今回はだいぶ地味に、セールで激安だったシューケア用品を購入してみました。ま…

スーツ偏差値(ソースは2ch)

偏差値66以上は、僕には一生縁がなさそうです。偏差値60ぐらいのレベル(価格帯)で買うとしたら、どこがいいメーカーなんでしょうね。いま、検討中なのは、ラルフローレン、ブルックスブラザーズ、ダーバン(圏外?)あたり。 このぐらいの値段出すと、百貨…

アメリカの2大(?)時計ブランド

僕は、今まで、あまり高い時計を身に着けるのは避けてきました。社会人歴7年にして、既に腕時計を2つなくしているのと、仕事柄、お客さんより高い時計をするのは憚られるからです。でも、最近、同年代の友人たちと飲みに行くと、オメガとかロレックスとか…

「ニューヨーカー流 スーツの正しい着かた」の解説が痒いところに手が届いてます

ニューヨーカー流 スーツの正しい着かたと着こなし特に前半部分のフィッティングのところは、非常に実用的。良い例・悪い例の比較、見極める際のポイントが分かり易いです。個人的には、ズボンのウエストのところが一番ためになりました。落合さんの[新版]男…

Woodloreのパンツハンガーを買いました

スーツのパンツの収納を改めようと、パンツハンガーを購入しました。定番の中田工芸、ながしお、マイネッティ(英語サイト)も候補で悩んだのですが、結局、Woodloreというアメリカブランドのセダー(アメリカ杉)ハンガーにしました。Woodloreは、アメリカ…

革靴を買う前に読んでおきたい2冊

昨日、シューケア商品の記事を書いたように、僕は革靴が好きです。自分の年とともに変化していく革靴を戦友のように思い、大事にしてます。そんな僕が、愛読している2冊の本を紹介したいと思います。これから、革靴を楽しみたいと思っている方にお勧めです…

シューケア製品の「M.モゥブレィ」は、日本ブランド?

「M.モゥブレィ」は、有名シューケアブランドです。百貨店などのシューケアコーナーには、まず置いてあると思います。プロも愛用しているほか、アマゾンなどでの評価も非常に高いです。僕も、クリームの一つはここのを愛用しているのですが(右の写真のやつ…