読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○日記

男としてのレベル上げの記録です。

山屋からみたブランド判定一覧 (ソースは2ch)

最近、年のせいか、アウトドアブランドに魅力を感じる。無理して大人ぶらなくても、十分見た目がおっさんになってきたので、アウトドアブランドを着てても、子供にみられなくなってきた。一方で、やりすぎると、おっさん度が上がりすぎるので気をつけなきゃいけないんだけど、値段はそこそこで、機能性高いなんて最高じゃないか。

アウトドアブランドの評価をみつけたので、メモしておく。山登りしないんで、ガチかどうかはあまり関係ないんですけど、どこのウェアが機能がいいのかの指標にはなると思って。

山屋からみたアウトドアブランドのガチ度一覧 ほか | ライフハックちゃんねる弐式

ブラックダイヤモンド ←ガチ
マムート←およそガチ
マーモット←ガチ、ただしデサント
バーグハウス←ガチ
コロンビア←街着
ノースフェイス←ガチもあるが殆どは街着
フェニックス←ガチ
アークテリクス←ガチでもアローは街ザック
ロウアルパイン←そこそこガチ
マウンテンハードウェア←ガチ
マウンテンイクイップメント←ガチ
ホグロフス←ガチでもオサレ系
フォックスファイヤー←オサレ系
アウトドアリサーチ←ガチ でも希少種
モンベル←ガチもあるが街着もある
パタゴニア←ガチだが街着のイメージ強い
ティンバーランド←山では笑われる
L.L.Bean ←山では笑われる
エディバウアー、モンクレール←冗談
チャムス←女子リュック屋、本国じゃサングラスの紐屋
フェールラーベン←女子リュック、街着、ただし北極圏では街着とアウトドアの境界は曖昧
エバニュー←お手頃価格、お手頃性能
MA-1←フライトジャケット、飛行機乗りでもないのに。
ワークマン←結構ガチ